治験実施施設

名古屋徳洲会総合病院(愛知県)

治験センター紹介・今後の抱負※2020年7月更新

治験センターは、2006年よりセンター長1名と専任CRC1名、兼任CRC3名に、㈱未来医療研究センターからCRC1名の支援を受けて業務をスタートしました。その後、当院職員での自立運営と業務安定化を図り、現在はセンター長1名と専任CRC2名、兼任CRC1名、事務員1名で運営しています。
治験は、脳卒中・非中枢神経系塞栓症、NSAID潰瘍、静脈血栓塞栓症などの予防薬、冠動脈性心疾患、重症敗血症、がん性疼痛、心不全、抗菌薬関連下痢症、高カリウム血症、脊損後疼痛などの治療薬をこれまでに手掛けてきました。
2014年には、新病院移転で施設・設備など充実し医師や患者も増えて治験受託の環境が向上し、2018年には、臨床試験全般(治験、臨床研究、ゲノム医療)を統括する臨床試験センターが設置されて体制が強化されました。製造販売後調査や臨床研究も、活発に実施しております。今後も、新薬開発、医療の発展に貢献していきたいと思います。

メッセージ

他部署の協力もあり、病院スタッフ全体で治験を行っています。
多くの部署からスタートアップ時より積極的に協力いただき、治験毎に個別のミーティングや講習会等にも参加していただいており、スムーズに業務を進めることができています。
今後も病院全体として治験を実施していきたいと思います。

学会・論文

※センター開設~現在

2011年9月24日 第11回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 岡山 岡山県 岡山市デジタルミュージアム チェックシートを用いた治験業務の標準化 廣田 有紀
2010年10月2日 第10回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 別府 大分県 ビーコンプラザ 急性期の治験実施における病棟看護師を対象としたスケジュール表の作成と運用 水野 里紗
2009年9月12日 第9回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 神奈川県 パシフィコ横浜 「治験薬処方の手順」を用いたリスク回避と効率化 ~さらなる質の向上と迅速化を目指して~ 水野 里紗

センター情報

※2020年6月時点

センター開設 2006年 6月
センター人員 CRC人数:専任2人 兼任1名 事務1人、センター長:1人
電子カルテ あり
リモートSDV対応 あり
温度管理システム あり
主な治験実施診療科およびアピールポイント 主に、循環器内科、外科、整形外科などで治験を実施しています。

基本情報

開 設 昭和61年06月01日
電話 / FAX
  • 0568-52-1552
  • 0568-52-1552
病院長 亀谷 良介(かめたに りょうすけ)
病床数 350床(一般262床・療養50床)

交通アクセス

所在地 487-0016  春日井市高蔵寺町北2-52

車でご来院の方

  • 春日井インター(国道19号線)より国道155号線
    (インターを降りた最初の交差点です)を瀬戸方面に乗り換え直進。
    「出川橋東」を左折(右手に吉野家さんが見えます)。
    「高蔵寺北」を直進。

電車でご来院の方

  • ・JR中央線、高蔵寺駅で下車。北口より西へ徒歩5分
    ・愛知環状鉄道線、高蔵寺駅で下車。北口より西へ徒歩5分

診療科目

治験センターへのお問い合わせ

関連リンク

ページの先頭へ