臨床試験部会のご紹介

スタッフメッセージ

医療法人徳洲会 山形徳洲会病院

治験コーディネーター

昨年の11月より、仙台徳洲会病院のCRCが当院の応援に来ています。

ちょうどタイミングよく、第Ⅰ相試験を実施することになり、夜遅くまでCRC3人で対応をしました。ちょっとしたアクシデントもあり、応援に来てくれたCRCに感謝・感謝の連続で無事に試験を終了することができました。病院の枠を越えてCRCの仕事ができるグループ病院の良さを実感し、次は仙台の応援に行ける日を楽しみにしております。

医療法人徳洲会 岸和田徳洲会病院

治験コーディネーター

徳洲会では共通の電子カルテとネットワークを活用し、治験の効率化に役立つシステムを構築しています。また、臨床試験部会、未来医療研究センター、徳洲会インフォメーションシステム、さらには電子カルテ開発元のベンダーとの合同会議を定期的に開催することで、様々なニーズに対応してきました。今後も刻々と変化する環境に対応し、治験を含む医療研究が高い水準で実施できるよう、役立つシステムを維持していきたいと思います。

医療法人沖縄徳洲会 神戸徳洲会病院

治験コーディネーター

当院は、中規模の病院で、特殊な診療科もなく、有名な医師・最新医療機器を備えているような病院ではありません。それでも、治験を実施し続けられるのは、未来医療研究センターやグループ病院の仲間たちの存在があってこそだと思っております。

この十年間の歩みの中で、当院は、徳洲会グループ病院で受託したと思える試験を2試験経験しました。初めてグループ病院で受託した試験では、組み入れ戦略の意見交換や進捗報告を合同で行って刺激を与えあい、治験開始時より追加して症例登録することが出来ました。以前より、会議や勉強会で交流があったので、意見交換もスムーズに出来ました。

この経験があったので、次に受託した試験では、集まらずとも、お互いに情報交換を随時行ってきました。

これからも治験だけではなく、臨床研究でもこのネットワークを生かして、質の良い試験を行っていきたいと思います。

未来医療研究センター 大阪オフィス

スタッフ一同

未来医療研究センター大阪オフィスのスタッフです。

少数精鋭でグループ臨床試験にWeb会議や電話会議も取り入れ、効率的に業務をこなしていきます。R-SDVの西日本の拠点となり、治験依頼者との対応も随時行っています。

徳洲会グループ臨床試験ネットワークを支援するために努力していきたいと思います。

ページの先頭へ