臨床試験部会のご紹介

組織

徳洲会グループの臨床試験ネットワーク

徳洲会グループの大規模な臨床試験ネットワークは、グループの情報インフラやスケールメリットを最大限活かして構築されたもの。「先端医療の推進」「治験の空洞化の打開」「真の医薬品開発」などネットワークに込められた理念の実現は簡単ではありません。しかし、大規模かつ迅速で質の高い治験を可能にするなど、実現に向けた舞台は整いつつあります。

徳洲会グループでは、「先端医療の推進」、「真の医薬品開発」、「治験の空洞化の打開」、「Pharmacogenetics (ゲノム薬理)」といった活動方針のもと、大規模な臨床試験ネットワークを構築しております。未来医療研究センターは徳洲会グループと緊密に連携することで、スムーズな治験を実現しているのです

グループ内で組織された臨床試験部会

徳洲会グループでは現在、38施設で臨床試験センター(治験センター)が稼働していますが、各病院それぞれで治験業務を行っていては質的にも量的にもばらつきが生じかねません。臨床試験部会はそれら各センターを束ねる役割を担うために設立されました。1病院ではなく、グループとしてのポテンシャルを引き出し、効率的で質の高い治験を実施する“司令塔”役を果たしています。

徳洲会グループの誇れるところは組織力の強さです。各病院では院長をトップに組織体制が整っております。また、グループ内にはコメディカル、事務部、専門部門等の部会が存在します。コメディカルに関しては、看護部、薬剤部、検査部などがあり、各部会を通して病院間の「横の繋がり」を大切にし、各業種の情報交換、技術の向上を図り、日々患者さまへより良い医療の提供ができるよう体制作りをしています

徳洲会グループ 概要

徳洲会グループ
創立 1973年1月
創設者 徳田虎雄
代表者 一般社団法人徳洲会理事長 安富祖 久明
(兼 医療法人徳洲会・医療法人沖縄徳洲会理事長)
グループ全体の収益 約4,500億円(民間医療グループで国内トップ)
グループ全体の職員数 約33,700人(常勤換算、2019年4月末現在)
事業内容 病院、診療所、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーション、訪問介護事業所、グループホーム、有料老人ホーム、ケアハウス、障がい者就労支援所などの運営による医療・介護・福祉サービスの提供
全施設数 約350施設 病院71、診療所30、介護老人保健施設38、特別養護老人ホーム12、訪問看護ステーション53(定期巡回髄対応型訪問介護看護含む)、その他介護施設(事業所含む)約150
(  )内の施設数は2019年7月現在

主な施設認定

救急

救命救急センター3病院(宇治、岸和田、鎌倉)

災害

地域災害拠点病院7病院(白根、宇治、福岡、岸和田、中部、南部、羽生)

研究

文科省認定研究機関3病院(札幌東、千葉、鎌倉)
※病院付属研究機関1病院(野崎)
認定臨床研究審査委員会(医療法人沖縄徳洲会が設置する臨床研究審査委員会)

医療安全・質

JCI認証取得8病院(鎌倉、葉山、南部、札幌東、藤沢、中部、岸和田、福岡)

医療ツーリズム

JMIP認証取得12病院(鎌倉、千葉西、札幌東、岸和田、南部、東京西、藤沢、中部、吹田、福岡、武蔵野、鎌ケ谷)

研修

  • 初期臨床研修病院
    基幹型臨床研修病院23病院
    地域医療研修先病院(協力型臨床研修病院および臨床研修協力施設)(対グループ病院)20病院
    ※協力型と協力施設の双方に該当する場合、より上位の類型である協力型としてカウント
  • 新専門医制度プログラム病院69病院(診療科により重複)

その他

  • 地域医療支援病院 2病院(福岡、宇治)
  • 地域がん診療連携拠点病院 1病院(宇治)
  • 地域がん診療連携協力病院 11病院(千葉、千葉西、東京西、鎌倉、宇治、八尾、岸和田、和泉、大隅鹿屋、札幌、札幌東)
  • 指定管理者制度 3病院(榛原、和泉、生駒)
  • 回復期リハビリテーション病棟 18病院
    (庄内余目、新庄、古河、成田、千葉、鎌ケ谷、館山、厚木、白根、榛原、大垣、宇治、宇和島、出雲、長崎北、鹿児島、南部、徳之島)
  • 地域包括ケア病棟・病床 13病院
    (帯広、近江草津、瀬戸内、宮古島、大隅鹿屋、庄内余目、名瀬、神戸、沖永良部、茅ヶ崎、石垣島、共愛会、吹田)

ページの先頭へ