治験実施施設

古河総合病院(茨城県)

臨床試験センター紹介・今後の抱負※2019年6月更新

 古河総合病院は2008年3月に治験センターを開設し、現在までに治験30件、、製造販売後臨床試験1件、臨床研究5件、製造販売後調査8件を実施してきました。治験センターは2階に位置し、現在2名の専任CRCが業務を行っています。当院は茨城県にありますが、最寄り駅の古河駅は上野駅から上野・東京ラインで1時間強と都心に近く、駅からも車で10分のアクセスしやすい場所にあります。以前は少ない常勤医でしたが、最近は常勤医の数も増加傾向になり、治験をさまざまな診療科で実施できるようになれればと考えています。また、治験や臨床研究を実施する上でその質も重要と考え、質の高い治験や臨床研究を実施できるように努めていきます。これからも、治験・臨床研究を中心に、より良い医療をより多くの患者さまへ少しでも早く提供できるようにするため、また治験・臨床研究に参加くださる患者さまが、参加して良かったと思っていただけるように、日々の業務に努めてまいります。

メッセージ

CRCとして、常に被験者様が何を求めているのかを考え、被験者様の立場に立って行動することを心がけています。そうすることにより、治験や臨床研究に参加して良かったと被験者様に思っていただける臨床試験センターでありたいと考えています。また、進捗の悪い試験の場合、何かできることがないかを常に考え、後悔のないように、自分たちでできる最大限のサポートを行うようにしています。

学会・論文

※センター開設~現在

2013年9月15日~9月16日 第13回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 舞浜 千葉県 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート/ヒルトン東京ベイ 医療法人茨城愛心会古河病院における治験啓発活動の紹介 村井 実花
2013年9月15日~9月16日 第13回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 舞浜 千葉県 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート/ヒルトン東京ベイ 古河病院における電子カルテ導入に伴う候補患者へのアプローチを見据えた治験実施の運用の検討 内田 孝二

センター情報

※2019年6月時点

センター開設 2008年3月
センター人員 CRC人数:専任 2人 
電子カルテ あり
リモートSDV対応 あり
温度管理システム あり
主な治験実施診療科およびアピールポイント 主な治験実施診療科・実施可能な診療科:循環器内科・糖尿病内科・脳神経外科・外科・整形外科・泌尿器科・小児科・眼科・・婦人科・人工透析科

当院は、診療科間の連携がとりやすいので、病院全体としての実施が可能です。また、各診療科の医師の治験に対するモチベーションが高く、とても協力的です。

基本情報

開 設 平成13年04月01日
電話 / FAX
  • 0280-48-5660
  • 0280-48-5660
病院長 福江 眞隆(ふくえ まさたか)
病床数 234床(急性期一般入院料4:144床、回復期リハビテーション病棟入院料3:36床、医療療養病棟入院料1:54床)

交通アクセス

所在地 306-0041  古河市鴻巣1555

車でご来院の方

  • 東北自動車道 加須I.Cより20分

電車でご来院の方

  • ・JR宇都宮線

    古河駅西口よりタクシーで約10分
    ※古河駅西口より巡回バス運行

    ・東武日光線

    新古河駅西口よりタクシーで約12分
    ※新古河駅西口より巡回バス運行

診療科目

臨床試験センターへのお問い合わせ

関連リンク

ページの先頭へ