治験実施施設

千葉徳洲会病院(千葉県)

治験センター紹介・今後の抱負※2020年6月更新

当院の治験センターは2006年に設立され、病院の一部門として「安全」で「有効」な医療開発のため、医薬品治験、臨床研究、製造販売後調査等の実施支援に取り組んで参りました。また、2014年4月からは院内の倫理審査委員会事務局としての役割も担っています。

治験センターでは、看護師、薬剤師、検査技師、及び治験事務職員が業務に従事しており、患者さま・医師・治験依頼者の架け橋として治験全般をサポートし、患者さまに安心して治験に参加していただける環境を整えております。

治験の実績としては、主に循環器・内科・外科の診療科で、30件の治験を受託し実施いたしました。内科のペプチドワクチンの治験では、テレビや雑誌にも取りあげられました。当院のホームページも是非ご覧ください。

メッセージ

2014年7月に新病院に移転したことで、被験者さま、医師、コメディカルが訪問しやすい2階中央に設置いただきました。治験終了後の患者さまやご家族にも来ていただける、明るい千葉の治験センターです。
これからも、コミュニケーションを大切に楽しく業務を行います。

学会・論文

※センター開設~現在

2010年10月1日~10月3日 第10回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in 別府 大分 ビーコンプラザ ヒトゲノム・遺伝子解析を伴う治験実施計画書に関する実態調査 今井 朋香

センター情報

※2020年6月時点

センター開設 2006年10月
センター人員 CRC人数:専任3人 兼任4人 事務等:1人
認定取得 日本臨床薬理学会: 2人
電子カルテ あり
リモートSDV対応 あり
温度管理システム あり
主な治験実施診療科およびアピールポイント "【主な治験実施診療科】内科・消化器内科・外科・人工透析・循環器・心臓血管外科
【アピールポイント】
当院は核医学診断、放射線治療を新規に加え、緩和ケア病棟(24床)を開設し、全ての癌治療を完結できる体制を整えています。病院2階には、ゆとりある空間を確保した外来化学療法室を設け、最大同時に18名の患者様が快適に治療を受けることができ、様々な癌種の患者様が当院に来院されています。中でも膵癌におきましては、肝胆膵の専門外来も設置しており、毎月の新患者数も安定しています。

当院の内科・消化器内科・外科・人工透析・循環器・心臓血管外科の医師はGCPについても熟知しており、CRC及びコメディカルと協力体制の中、積極的に治験を実施することができます。

また、交通アクセスは東京駅から約1時間と訪問に適した距離であり、最寄駅の高根公団駅からは徒歩3分です。2014年7月に新病院へ移転したため、最新の設備が整っています。
"

基本情報

開 設 昭和61年06月01日
電話 / FAX
  • 047-774-0388
  • 047-774-0406
病院長 鶴田 好彦(つるた よしひこ)
病床数 391床(急性期病棟)

交通アクセス

所在地 274-8503  船橋市高根台2-11-1

電車でご来院の方

  • 高根公団駅(新京成線)下車徒歩3分

診療科目

治験センターへのお問い合わせ

関連リンク

ページの先頭へ